更年期障害はサプリメントで治す|ホルモン調整の効果があります

女性

これで大丈夫

ドラッグ

誰にでも訪れる

女性ばかり注目を集めますが男性にも更年期があり、男女ともに更年期の時期に現れる心身の不調に悩む人が多くいます。そもそも更年期というのは女性の場合は閉経を挟む前後10年間の時期を更年期と言い、日本人女性の閉経の平均が50歳という事から45歳から55歳くらいまで、男性の場合には女性よりも幅広く40代後半から60代までが更年期とされています。更年期は女性はエストロゲン、男性はテストステロンというホルモンが急激に減少することが原因で動悸や発汗、頭痛、ほてり、のぼせ、めまい、肩こり、腰痛、関節痛、手足の痺れ、冷え、乾燥、倦怠感、イライラ、欝、不眠、耳鳴りなど様々な不調が現れ、これらの不調を更年期障害といいます。

この方法で予防改善

更年期障害の症状は更年期の時期に誰でも現れると言われており、更年期の時期が過ぎると自然と症状も改善していきますが、日常生活に支障をきたすような状態になった場合には専門のクリニックでの治療が必要となります。その他にも更年期障害の症状を軽減する方法や、更年期障害を予防する対策として有効なのがサプリメントの摂取です。どのようなサプリメントが有効なのかというと、女性はエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンやザクロ、男性はホルモンバランスを整える効果のある亜鉛やマカなどになります。サプリメントはドラッグストアや通信販売で手軽に購入でき、そして薬と違い副作用の心配もないので予防や改善にサプリメントはオススメです。